どこでも誰とでも好きな映画や音楽を共有できるGoogle Chrome 拡張機能「Watch Party」

おすすめ,映画・ドラマWatchParty

Watch Party

誰かと一緒にみたい映画や音楽を、別々の場所でいつでも見られるとしたらきっと楽しいですよね?

これまでのVOD(ビデオオンデマンド)サービスでは、それぞれのサービス加入者が別々に視聴するしかありませんでした。また、ライブ配信を通じた動画や音楽の配信も著作権上の問題が多く、気軽に利用できる環境がありませんでした。

しかし、昨年のコロナ禍を受けて自宅でVODサービスを楽しむ方が増えてきており、各社はそれぞれ独自の方法で動画や音楽の共有ができる方法を発表してきました。代表的なものを挙げると、Twitchで利用できるAmazon Primeのウォッチパーティ、ツイキャスでYouTubeの動画を利用できるシアターパーティなどです。

それ以外にもGoogle Chromeの拡張機能を使ってそれぞれのVODサービスに対応したものがいくつか利用されています。Netflixに対応したNetflix Partyがあります。Google Chrome拡張機能を使ったもので今回筆者がお勧めしたいのは「Watch Party」という名前の拡張機能です。FireFox、EDGEのAdd-Onでも利用できます。

Watch Party

Google Chromeの拡張機能「Watch Party」は、寄付アプリでありながら、無料で18のVODサービスのウォッチパーティを利用できる優れものです。ただし、日本で利用できるVODサービスに限定すると、いくつかのVODサービスでは、現時点のWatch Partyを日本で利用することができないようです。例えば大手VODのHuluについては日本向けのHulu.jpに未対応でした。順次対応してく予定でしょう。

日本で利用できるVOD

Watch Partyを使って現時点で日本でも利用できるVODはつぎの通りでした。調査方法はGoogle Chromeを使って対応しているVODサービスの日本から利用可能なページで、次の写真のようなWPアイコンが表示されるかどうかで判断しました。

Watch Partyの調査方法
  • Netflix ○
  • Hulu.jp ×、Hulu.com ○
  • Disney + ×
  • Amazon ○
  • YouTube ○
  • HBO MAX ×
  • Peacock ×
  • Google Play Movie & TV ○
  • crunchyroll ○
  • Apple TV+ ○
  • Rakuten VIKI ○
  • Funimation ×
  • Rooster Teeth ○
  • Stan. ○
  • hotstar ○
  • xstream ○
  • vimeo ○
  • dailymotion ○

(2021/2/1現在の筆者調査より)

Watch Partyの始め方

Watch Partyの始め方は至ってシンプル。Google Chromeの拡張機能をインストールし、VODサービスページで右下のWPアイコンをクリックするだけでいい。

正常にWPが機能できる場合は、「CREATE」タブが利用可能になる。「Name」「Party Name」「Party PIN」にそれぞれ「自分のハンドルネーム」「パーティーの名前(仮称でいい)」「3桁以上の数字」を入力する。赤い印のところをチェックして「START PARTY」で開始できます。

パーティが開始されたら、右上のパネルにSNSリンクボタンが表示されるので、それをクリックすると様々なSNSに貼り付けて、パーティーに招待できます。Twitter、LINE、ブログだけでなく、ツイキャス、Twitchなどのライブ配信でもチャットに貼り付けることで、リスナーを招待できます。ただし、ライブ配信中にウォッチパーティの画像や音声を流せないので、配信ソフトの画面共有と音声出力はオフにしておきましょう。また、ヘッドホンなどをしながらホストするといいでしょう。

SNS等で招待したら、チャットで交流しながら映画や音楽を一緒に楽しめます。

Watch Partyは、他に配信用アカウントを持っていない方でも、招待した方と一緒に自分のカメラ映像や音声を共有して、映画や音楽を鑑賞しながらお互いに会話もできる機能があります。コロナ禍で離れたところにいる大切な人と、一緒に好きな映画などを楽しむのにはちょうどいい環境ですよねー!

Watch Partyを終了するときは、ホスト側が「END」を押すことで終了できます。

Watch Partyの拡張機能はこちらから利用できます。